ブランド物バックの行方

>

ブランド物の質

バックのクリーニング

スーツやドレス、はたまた日常的に着用する洋服は、クリーニングに出したり洗濯したりと、日頃から清潔に保つことをしていると思います。
ところがバックとなると、意外となにもしていない人が多いのが事実だったりします。
表面を拭いたりバックの中を掃除機などで掃除するぐらいのケアは聞きますが、長期に渡って保管しておくとなると、それだけではダメです。

実は洋服よりバックの方が汚れています。
洋服は毎日変える人が多いですが、バックは意外と毎日一緒な物を使っています。
要するにバックの方が汚れている訳です。

ただブランド物のバックとなると、自宅の洗濯機に入れるというわけにもいかないと思います。
中には希少な材料を使っている品もありますからね。

バックのクリーニングを請け負ってくれる業者がありますので、是非そちらをご利用ください。

ブランド物に多いレザーバックの保管

ブランド物のバックによく使われている素材として「レザー」が挙げられます。
様々なレザーが使われていますが、共通して言えることは「手入れが面倒」という点です。
ただ、ポイントを押さえれば、実はさほど大変でもありません。

まずはレザー製品の天敵を把握しましょう。
それはズバリ「水」です。
水分がレザーに付着し、そのまま放置すると、縮みや色の変色につながるなど、かなりのダメージになることが多いです。
保管ではないですが、雨の日などはあまり使用しない方がいいというのは、こういう理由からです。

では、保管の際に気をつけることはなんでしょう。
それは「湿気」です。
湿気はもちろん「水」であり、レザーの天敵です。
湿気の多いところに保管をすると、最悪カビが繁殖し取り返しのつかないことになります。
クリーニングをして綺麗にすることはもちろんですが、その後の保管場所なども注意しましょう。


シェアする